2月18日(日)大地との対話・お話会 「天の力を土に活かして種の力、野菜の生育を支える」

 

天の諸力を土に込めて

(=天と地のエネルギーをからだに受けて)

 

種の力と地の力を最大に生かし

作物をつくる

(=精子と卵子の力、成長するための

生命力を高め発展する)

 

バイオダイナミック農法で育つ作物のお話しを

協会理事の喜多宏文さんに

 

食農教育プログラム「エディブル・スクール・ヤード」

(畑で作物を育て、その畑で教育を受け、

育てた作物を畑で食べる)についてや

 

種の危機(種子法廃止決定で日本の固定種が危ない)

にも触れていただきます。

 

 

山内は、

人のからだの種との関係、

土の活動(育む体験)を通して

 

魂と心身のバランス(男性性・女性性)を

取ることなどをお話しします。

 

 

受付13:00

13:30~16:00

大地との対話・お話会

「天の諸力を土に込めて種を植え育くむ」

 

天の諸力を土(からだと心)に込め育くむ、

地に足着いた元氣なからだ、とは?

 

そして、

天地と対話し野菜を育てる

バイオダイナミック農法(BD)のお話しの後

 

BD野菜と慣行栽培野菜の

試食をします。

 

 

※13:30~14:00 山内ちえこ「地に足着いた元氣なからだ」

 

 14:05~15:00 バイオダイナミック協会理事 喜多宏文氏

        大地の対話・お話会

「天の諸力を土に込めて種を植え育くむ野菜」

 

 15:10~15:45 野菜試食と質疑応答

 

 16:00 終了

 

 

◇場所:みんなのシュタイナー(東京都大田区北千束1-61-7)

http://minnanosteiner.org/?page_id=211

 

東急 大井町線・目黒線 大岡山駅下車7分

 

◇参加費 4360円

大人一人追加ごとに2160円

幼児は無料

 

 

※当日現金払いです。

お釣りの無いようにお願いいたします。

 

◇各定員:20名

 

 

◇締め切り:2月10日(土)

 

 

 

講師プロフィール:

喜多宏文さん:京都産業大学外国語学部イタリア語専修卒業。京都・西陣の上場企業に20年勤務、イタリアやフランスの見本市出展担当。 2002年頃よりシュタイナー教育に関心を持ち、東京転勤と共に当時三鷹にあったNPO東京シュタイナーシューレ2004年の学校法人化、シュタイナー学園の藤野移転に関わる。 2009年のぽっこわぱ耕文舎でのバイオダイナミック農業実習をご縁に日本バイオダイナミック協会理事となる。 2010年よりシュタイナー学園親仲間のオーガニック食品・化粧品の大地を守る会、らでぃっしゅぼーや、生活クラブへの企画卸売会社に合流、現在に至る。