対話講座in出雲2020年6月開講

1回目 6月23日(火)、2回目 6月24日(水)

3回目 77日(火)、4回目 7月 8日(水)

5回目 7月26日(日)、6回目 7月 27日(月)

7回目 8月18日(火)、8回目 8月19日(水)

 

全日9:15集合 9:30~15:30終了予定

 

☆会場: 

阿宮の古民家

 

出雲大社近くcafe「ちまひか」https://www.facebook.com/ちまひか-526321920800645/

 

フィールドワーク

出雲大社http://www.izumooyashiro.or.jp/

出雲農林高校 http://www.izuno.ed.jp/category/zoo

 

 

☆日時と内容について

 

1回目: 6月23日(火)座学:阿宮の古民家

 

対話テクニックの基礎的な知識

エネルギー法則の理解と同調するワーク

呼吸ワーク(自分との対話)

 

  

2回目: 6月24日(水)座学:阿宮の古民家

 

心身と魂を調和する呼吸ワーク、

セルフケア・セラピー的バリエーション

(魂との対話、心と体との対話ワーク)

 

 

3回目: 7月7日(火)座学とフィールドワーク:Caféちまひか、出雲大社

 

人以外の生命との対話

(高次の存在・動物・植物・鉱物・土地(場)、食べ物など)

エネルギーを感じるワーク

エネルギー変容へ導くワーク(自己・他者)

 

 

4回目: 7月8日(水)座学:caféちまひか

 

生命あるものと通じ合う感性と感覚をひらく、

対人援助に必要な心理学とカウンセリング

傾聴、コミュニケーションのバリエーション

 

 

5回目: 7月26日(日)座学:阿宮の古民家

 

心と身体とたましいのつながり、たましいの傾向、

エネルギーの浄化・昇華法・ブロッキング、

思考のレッテル除去について(メンタルブロック・トラウマ解放)

 

 

6回目 7月27日(月)座学:阿宮の古民家

 

観察法、呼吸と意識・無意識の関係、

読み取り法(リーディング・チャネリング)など

 

 

7回目: 8月18日(火)フィールドワーク:出雲農林高校

 

動物・植物、地場との対話など

 

 

8回目: 8月19日(水)座学:caféちまひか

 

声と呼吸をつなげるワーク

声掛けの方法(相手の中心とつながる言霊)

対話に必要な質問力・言葉の展開力を高めるワーク

(建設的な言葉への置き換え、言葉と想像力について)

 

 

☆定員8名(小人数制で丁寧に関わります)

 

☆参加費 

一括:メルマガ会員 193,600(税抜 176,000)

一般204,600円(税抜186,000円)

 

分割支払いも可能です。

ご希望の方は、下記の参加金額をご確認ください。

 

☆分割:

会員:2回 96,000円(税抜88,000円)※分割手数料なし

一般:2回 102,300円(税抜93,000円)※分割手数料なし

 

4回は分割手数料(初回のみ400円)がかかります。

会員:初回48,840円(税抜44,400円)234回目 48,400円(税抜44,000円) 

一般:初回51,590円(税抜46,900円)234回目 51,150円(税抜46,500円)

 

※分割払いの方は、お申込み日から1週間以内に

初回をお振込みください。

 

2回目以降は、各月第4金曜が指定日です。

この日までにお支払いください。

 

2回目:522日(金)、3回目:626日(金)

4回目:722日(水)

 

申込み締切:6月13日(土)

 

 

赤ちゃん連れでの参加も可能です。

事前にお知らせ、ご相談ください。

 

 

欠席された回は次の期に振替可能です。

 

 

 

 

 

 

対話講座3期 3月開講 全8回はメルマガ会員先行予約で満席になりました。

 

次回4期は2020年9月に開講予定です 

 

いち早く詳細を知りたい方は

無料メルマガ登録がおすすめです

 

対話講座受講生の感想もぜひご覧ください。

 

対話講座とは

たましいとつながり対話する力を、

人生やお仕事に活かすための基礎的な講座です。

 

対話は、「目に見えるものと見えないもの」

双方を感じ取る感性と感覚をひらきます。

 

あなたの中の大きな力「愛」を引き出してさまざまな生命とつながり

わかり合うことができ、調和をもたらす実践的な方法です。

 

新しい時代を進むために、「愛」というエッセンス、エネルギーはとても大切です。

それは、自分を愛すべき存在と感じ、他のどんな人も、地球の生命も

愛すべき存在と感じることができる調和のエネルギーだからです。

 

対話は、おなかの中の赤ちゃん、ことばをまだ話せない乳幼児や、

ことばを話せなくなった方や障害がある方、

動物、植物、鉱物、大地など、地球の「生命のこえ」を感じ

通訳(言語化)するために欠かせないことです。

 

それだけでなく、全ての人々に「たましいからのやりとり」を

させてくれるコミュニケーション法でもあります。

 

また、パソコンなどの画面や通信機器を通す対話にも、

目に見えるものとしてやり取りする感覚にはない、

大きな力を発揮します。

 

実際、過去の受講生の方の中にも、この体験をされた方がいらっしゃいます。

 

エネルギー高い場で対話を学ぶだけでなく、

あなたの感性と感覚の力が同調し、高みへと動いていくプロセスも

ぜひ、体感してください。

 

対話講座受講生の感想もぜひご覧ください