3月10日(日)こもれびの教室さん主催お話会(京都)

対話は、

魂、体、心に働きかけ、感じる、くみ取りをしながら、

言葉や声、顔の表情、視線、ジェスチャー(動き)だけでなく、

直感、インスピレーションなどをもって、

意思、感情、思考を感じ、お互いを尊重して、

やり取りをしながら、同調から共感から、

信頼関係を築いていく双方向のコミュニケーションです。

対話のイメージは、相手がことばを話せても話せなくても、

「お互いに通じ合える」と捉えます。

対話は、やりとりすること。

お互いが持っているすべてのものを使って

「五感と感性」に働きかけて、わかり合っていこうとするもので

差別区別をしない「愛」に基づく双方向のやりとりです。

誰にでもできますし、どんな相手とも通じ合える

尊重しあえるチャンスをもたらします。

〇〇しなさい、○○でしょ、など指示的な態度や

感情的な言葉を使わずに、

「尊重しあう」を元に関わるやりとりが、

対話のイメージです。

どうすれば、お互いが通じ合えるのか?

なぜ、すれちがってしまうのか?

実は、コミュニケーションのあり方以外にも

理由があります。

それは、生まれてくるときに決めた

人生の計画が関係しています。

私たちは生まれる前、

親を選んで生まれてきます。

それはにわかに信じがたいことかと思いますが、

お互いを育てあう、幸せにしあう(地上の価値で測れないこともあります)

という願いを元に、親子、家族になります。

これは、多くのお腹の赤ちゃん達とお話しをしたことを、

総合してみた結果、見えてきたことです。

この観方で、親子の間柄や、コミュニケーションの

在り様を観てみると

学びあう、育ちあう、というヒントが

関わりの中に隠れているのが見えてきます。

お話会では、こうした実例をご紹介しながら、

尊重し合い、受け止め合える間柄になれるのかを

お話しします。

 

愛を基本に対話をすると

○親の気持ちを押し付けない関わり方ができる、

○言葉が話せない赤ちゃんと分かり合える、

○親御さんの気持ちが安定する、

○感情的な関わり方が減る、

○人生の意味がわかってくる

○感性が高くなり、起きる事柄の中に「真の意味」を見出すことができる

こんなことを体験できます。

○お話会 内容 ○

・生まれると決めた理由は?

・たましいの計画とは?

・赤ちゃんが親を選ぶわけ (自分が親を選んだわけ)

・条件を付ける愛ー結婚から卒業して、無条件の愛ー尊重、信頼し合う愛へ

・対話の実話シェア

・ワーク紹介と実践

・参加者の方々に応じて、おなかの赤ちゃんやお子さんとの公開対話 など

・絵本 読み語り

・質疑応答

・著書の購入、サインの希望 承ります。

日時: 3月10日(日) 10:00〜12:00 (9:40 開場)

場所: 育心保育室 地下鉄東西線 太秦天神川駅 10分

参加費: 3,500円(当日お釣りのないようお支払いください)

 

定員: 30名 お子さま連れ可 (託児はありません。)

 

お申込方法 facebookのイベントページに申込ください

https://www.facebook.com/events/761125567589322/

 

 

マタニティハーモニーワーク 

偶数月の第一週土曜日

バースハーモニーにて開催

●13:30~

 一般の方も参加可能です!

お申し込みはバースハーモニーへお願いいたします。